matsuko diary

散歩・食べ物・映画中心。

映画「ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-」※ネタバレあり

テレビアニメ「ソードアート・オンライン」の劇場版。原作は川原礫によるライトノベル

 f:id:osugi923:20170312205723j:image

あらすじ。

テレビアニメ版では、謎の次世代オンラインゲーム「ソードアート・オンライン」の仮想空間に閉じ込められ、ゲーム内での死が現実世界の死に直結するデスゲームが始まってしまう。主人公キリトが、仲間とともにゲームクリアを目指して奮闘する姿を描いた。

今作は、VR(仮想空間)世界へのダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げた最先端ウェアラブル・マルチデバイス「オーグマー」が発売され、「オーディル・スケール」と呼ばれる専用のARMMO RPGによって、オーグマーは瞬く間に世間に広まっていく。アスナたちもプレイしているそのゲームに、キリトも参戦しようとするのだが、オーグマーにはある陰謀が隠されていた。

 

 

感想。

★★★

いや〜〜、面白かったねぇ

後半は食い入るように見てました。

 

 アインクラッド編の残酷さを再確認

今作は、ゲームをクリアしないと現実世界に戻れないどころか、ゲーム内の死は現実世界の死に直結する恐ろしいデスゲームでの犠牲者のパパが黒幕です。(初っ端かなりのネタバレ失礼します)しかもそのパパがオーグマーの開発者。

ちなみにSAO犠牲者は4千人もいたらしく恐ろしすぎます。

今作は、その事件の犠牲者の家族や関わった人達(本人も含め)にフォーカスが当たり、あの事件の悲惨さを改めて実感するわけです。

 

バトルシーンかっこよすぎる

訳あってボス戦をやりまくるので、とにかくバトルシーンが沢山あります。 

ボス戦の時にユナが歌う曲なんか、「Fate zero」でも始まるのかと思うぐらいのイントロでテンション上がりました。あの曲が流れながらあのバトルシーンは迫力ありますし映画館で観る価値ありです。梶浦由記さんの音楽はかっこいいです。
後半、アスナのピンチでキリトの目がいっちゃてますがあれも通常営業ですね。キリトはやはり最強でした。あと今作でユイも最強だと思いました 笑

 

神田沙也加さんの演技・歌声が素晴らしすぎる

神田沙也加さん凄すぎます。

ユナの声優も勿論、あの歌声があ〜〜、圧巻

SAO時代のユウナも良かったなぁ。悲惨なSAO世界にユウナがいたんだなあと、歌を歌っていたんだなあと思うとうるっときます。最終的には死んでしまうのが分かっているので辛いです。

そしてユウナの事が好きだったエイジはなんか、、可哀想だなぁと思います。ユナのパパに良いように使われてただけですしねぇ。ただのチートでしたしねぇ。

 

 

最後に

キリトとアスナの恋模様も勿論健在ですし、物語に大きく関わっています。アスナのSAO時代の記憶がなくなってしまったときに、キリトがこのままの関係でいられなくなるかもと危惧するのですが、

実際、記憶が取り戻せなかったら破局する可能性大だと思いました。お互いが出会い、苦楽を共にし、それを経て信頼し合い結ばれたという記憶が無くなるわけですから。好きになったきっかけが無ければ、今後二人の間に何かがあった時、アスナはキリトとずっと一緒にいたいと思えるか謎です。

この2人については他にも色々突っ込みたいシーンがありましたが長くなりそうなので割愛します 笑

 

とにもかくにも、 エンドロール後に続編を匂わせる終わり方をしましたね。

次回作も楽しみです!!