matsuko diary

散歩・食べ物・映画中心。

映画 カーズ/クロスロード※ネタバレあり

夢の続きか?新しい道か?人生の選択が迫られる。

f:id:osugi923:20170716212805j:imagef:id:osugi923:20170716212808j:image

あらすじ

これまで華々しく第一線で走り続けてきたマックィーンもベテランとなり最新型のレーサーに勝てない時代遅れのレーサーに…。
そんな状況に焦ったマックィーンはレース中に無理をして大きなクラッシュ事故に会ってしまい、世間からも見放され自信喪失してしまいます。彼の脳裏には、この時すでに「引退」の2文字が─。

 

感想 

カーズ/クロスロード。そう来たか!!!!の一言。
ピクサーの本気をみた。そしてマックィーンとドックの師弟関係に、涙なしでは見れませんでした。

 

まさにマックィーンの“人生の岐路(クロスロード)”を描いた本作

マックィーンがレース中にクラッシュ事故を起こしてしまい、リハビリに奮闘するのかと思いきや、そこはあっさりと過ぎ4ヶ月で元気になります 笑

むしろ問題なのは、マックィーンがベテランになり、最新型の若手のレーサーには勝てないという事実を突きつけられたことです。

スポーツ選手の短命とはまさにこのことですよね。マックィーンも世代交代という、時代の流れがやってきてしまった。それを描くピクサー凄いですわ。さすがです。とりあえず、そこで人生の岐路に立たされるマックィーン。

f:id:osugi923:20170716231341j:image 

本作のキーパーソン、クルーズ

クルーズはマックィーンの再生プロジェクトなる特訓のトレーナーとして登場します。f:id:osugi923:20170716231354j:imageはじめハイテンションキャラで、(ファインディング・ニモのドリーのような)盛り上げキャラかしら…なーんて思っていたら大間違いでした!

中々特訓が上手くいかないマックィーンになぐさめの言葉をかけたクルーズですが、「トレーナーにはレーサーの気持ちなんかわからない」と言われてしまいます。その時にクルーズは言うのです。「私は最初からトレーナーになりたかった訳じゃない」と。

ああ…そうだよね。クルーズの挫折はもっと前にあって、レーサーになる夢を諦めていたのです。

 

マックィーンとドックの師弟関係に涙

カーズ1でマックィーンの成長には欠かせないドックとの出逢いですが、本作では2人の関係や思い出も描かれますし、またドックのかつての師匠、スモーキーも登場します。f:id:osugi923:20170716231409j:image

特にドックとマックィーンの回想シーンは目頭が熱くなりました。ドックはレース中のクラッシュ事故で現役を引退せざるおえなかった過去があり、その出来事がドックに心的外傷を負わせていた。しかしマックィーンと出逢い、彼を育てていくうちに、生きる意味を見出します。自分の事よりもマックィーンの成功を何よりも願い、喜び、誇りに思っていた。そしてそのドックの想いをスモーキーから聞いたマックィーンは大事なことに気づかされるのです。f:id:osugi923:20170716231414j:image

 マックィーンが選んだ道とは
どういう結末を迎えるのか気になっていました。
最新型のレーサーが参入し、マックィーンの戦友たちがどんどん引退する中、自分(マックィーン)は努力をすればまた返り咲きできると奮闘します。でも最高潮の時にやめるのがかっこいい引き際であると私個人は思っているので、次世代が新たな時代を作り始めている今、マックィーンは引き際を誤ったのではないかと正直思っていました。

仮に努力の甲斐あって1レース勝ったとしても、この先それが続くかわからないし、一時のヒーロー物語で終わってしまうのではないかと。本作の着地はどうなるんだろうと、ハラハラして鑑賞していました。

でも、そんな心配無用でしたね。

そうきたか!!!!と笑

 

マックィーンは再起をかけたレースの途中で、ピットインし、クルーズにあとのレースを任せるのです。(そんなことが出来るのは驚きでしたが)

特訓を共にする中で、クルーズのレーサーとしての才能に気づいたマックィーンは、彼女に走らせることを決意する。このレースでマックィーンは優勝しなければ引退させられるので、彼女をレースに出場させてあげるチャンスも失うかもしれないと思い、彼女の才能のためにレースを託します。f:id:osugi923:20170716231450j:image

まさにこの行動がマックィーンの選んだ道なんだ、と気づいた時は鳥肌ものでした。マックィーンは新たな道に進んだのです。かつてのドックのように。  

 自分の想いを託せる相手がいること

自身の子供だったり、愛する人であったり、本作では弟子であったり、人は自分の成功より誰かの成功を願うことで、人間として成長しますよね。またそんな存在がいることはとても幸せなことですよね。

マックィーンもそれに気づいた。彼はまた一つ成長した。マックィーンにとってドックの存在って本当大きいなぁ。

(ただ本作、サリーとの関係が若干薄くて残念でした。サリーのことも大事にしてやれよ。)f:id:osugi923:20170716231428j:image

 

あとカーズといえばレースシーン。走ってる姿かっこいいです。特にラストのクルーズの走り、見応えあり!f:id:osugi923:20170716232038j:imagef:id:osugi923:20170716232044j:image

風景もとても綺麗で惚れ惚れしました。f:id:osugi923:20170719210027j:imagef:id:osugi923:20170719210037j:image