matsuko diary

散歩・食べ物・映画中心。

映画「グレイテスト・ショーマン」※ネタバレあり

「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカルf:id:osugi923:20180225195709j:image

 あらすじ

貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したバーナム。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるバーナムはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。

 感想

★★★

ミュージカル映画として素晴らしいです。観てて元気をもらえる作品です。

 

素晴らしい歌声、素晴らしいダンス

ストーリーのテンポが良い、構成もよい、そしてなんといっても、歌に踊りに、パフォーマンスがパーフェクト!!圧倒されました。本物だと。粗がないです。f:id:osugi923:20180225195740j:imagef:id:osugi923:20180225195746j:image

パフォーマンスの中でもザックが出演してるシーンは圧巻でした。

バーナムがザック演じるフィリップを自身のショーに勧誘するシーンや、f:id:osugi923:20180225201446j:image

フィリップと恋に落ちるアンとの空中ブランコシーン。魅せるなあ。f:id:osugi923:20180225195753j:image

もちろん、作品のテーマでもある「This is me」は言わずとも素晴らしかったです。力強い、力強い。f:id:osugi923:20180225201440j:image

レベッカ・ファーガソン演じるジェニー・リンドが歌った「Never Enough」は物凄くジーンときました。歌声だけで心が動かされる。f:id:osugi923:20180225202154j:imagef:id:osugi923:20180225202200j:image

全てがスタンディングオーベーションものでした。スクリーンで観る価値ありです。

 

バーナムの人間性が気になった

エンターテイメントを観ている傍ら、ストーリーを追っていると、どうしても主人公バーナムの人間性が気になる。 トップに立つ人間にもなると仕方ないのかしら、幼少期の不遇を考えると仕方ないのかしら、そもそもミュージカルとしては素晴らしいからまぁいっか、とか考えてました。バーナムと対比するかのようにフィリップがどんどんいい奴になるので、それもまた際立っちゃう要因。

最終的には改心し、フィリップとも師弟関係ではなく相棒となったのでめでたしめでたし。f:id:osugi923:20180225195819j:image

 そしてバーナムの妻を演じたミシェル・ウィリアムズが美しかった。ショーがヒットする前の貧しかった頃のシーンなんか彼女の素材の良さが際立っていました。f:id:osugi923:20180225201458j:imagef:id:osugi923:20180225200410j:image

そしてバーナムの娘2人はとてもかわいかった。ラストの妹ちゃん木の役になってたけど、キュートで胸がきゅんとしました、笑顔になりました。